yumリポジトリ追加手順

ここではyumにサードパーティのリポジトリを追加する方法を紹介しています。

EPEL

EPELはFedoraプロジェクトのパッケージ群をRedHat系向けに互換性を持たせたパッケージ群です。

EPEL公式配布ページ(x86_64環境)(もしくはi386環境)より”epel-release<$バージョン名>.rpm”をインストールします。

  • コマンド例:2010/3時点最新のepel-release-5-3.noarch.rpmをインストール
$ sudo rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-3.noarch.rpm

作成された設定ファイル(.repoファイル)を編集します。

$ sudo vi /etc/yum.repos.d/epel.repo

他のリポジトリとの競合を避けるため、常用設定を外します。

[epel]
....
enabled=1

上記enabledの値を1(有効)から0(無効)に変更します。

[epel]
....
enabled=0

編集後、保存して終了します。

epelリポジトリを有効にする際はyumのオプションに”–enablerepo=epel”を付与します。

  • コマンド例
$ sudo yum --enablerepo=epel install foo
/home/vps.netcube.ne.jp/public_html/wiki/data/pages/centos/yum_追加リポジトリ.txt · 最終更新: 2010/04/27 16:33 by admin
ZoneExpress VPS NEO Boot OpenSolaris Creative Commons License Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0